» 厄除け|ご祈祷

人生の節目にあたる年を無事に過ごさせていただけるよう祈願いたします。
地域によって異なりますが、一般的に男性は、数え年の二十五歳、四十二歳(初老)、四十九歳、六十一歳(還暦)、女子は十九歳、三十三歳、三十七歳を「厄年」といい、その前後を合わせた三年間を前厄・本厄・後厄といいます。特に男性の四十二歳、女性の三十三歳は「大厄」といわれ、最も気をつけなければならない年とされています。災厄を避け、無事に安泰に今後の人生を過ごすため、前年の年末から節分までの間に神社に参拝し、お祓いを受けて、その年の無病息災を祈願祈祷することを「厄祓い」(厄除け)といいます。

平成二十九年度 厄除け

前厄 本厄(大厄は42歳) 後厄
60歳(昭和33年生) 61歳(昭和32年生) 62歳(昭和31年生)
41歳(昭和52年生) 42歳(昭和51年生) 43歳(昭和50年生)
24歳(平成6年生) 25歳(平成5年生) 26歳(平成4年生)
前厄 本厄(大厄は33歳) 後厄
36歳(昭和57年生) 37歳(昭和56年生) 38歳(昭和55年生)
32歳(昭和61年生) 33歳(昭和60年生) 34歳(昭和59年生)
18歳(平成12年生) 19歳(平成11年生) 20歳(平成10年生)
※予約の必要はございません。随時ご案内しております。
※厄年については地域・風習によって上記の表とは異なる場合がございます。
ページのトップへ▲